障害年金の受給事例・お客様の声(肢体障害)

頸髄腫瘍の後遺症による肢体障害で3級の障害厚生年金が認定された事例

概要

頸髄腫瘍の後遺症で、肢体(主に上肢)の感覚麻痺があり、障害者雇用枠でお仕事をされていました。

多数の社会保険労務士に断られたとのことでしたが、詳しくお話を伺ったところ、3級であれば認定される可能性はあると考え、手続きのご依頼をいただきました。

裁定請求で不支給決定が出てしまいましたが、審査請求により当初の決定がくつがえり、3級の障害厚生年金が認定されました。

お客様の声

受給となりましたこと感謝申し上げます。ありがとうございました!

障害者手帳における等級の低さ(6級)から、他の社労士さんには一蹴されていたため、お話を聞いて下さっただけでもありがたかったことを覚えております。

手続き開始から受給まで色々とあり、時間もかかりましたが、最初から最後までご丁寧にご対応いただきました。今後ともお世話になりたいと思います。

多発性硬化症で社会的治癒が認められた事例

概要

多発性硬化症による肢体の障害について、社会的治癒を援用して請求し、3級の障害厚生年金が認定されました。

当初、社会的治癒は認められませんでしたが、審査請求でくつがえり、主張が全面的に認められました。

このことにより、受給できる年金額が年間30万円ほど高くなりました。

お客様の声

交渉も含め全ておまかせできました。どうもありがとうございました。

脊髄小脳変性症で1級の障害厚生年金が認定されたケース

概要

脊髄小脳変性症により、言語機能、平衡機能、肢体の障害など複数の症状がありましたので、2種類の診断書を提出し、障害認定日で1級の認定を得ることができました。

お客様の声

診断書の依頼等も細やかな対応をしていただき、おかげで申請も通ったのでは・・・と感謝しております。

パーキンソン病で2級の障害厚生年金が認定された事例

概要

パーキンソン病による肢体の障害で手続きをご依頼いただきました。

薬効によるオンオフ現象(ウェアリングオフ現象)が顕著なケースでしたので、どの状態で診断書を書いていただけばいいのかなど難しい点がありましたが、丁寧な診断書を作成いただけたこと、双方の状態について病歴・就労状況等申立書で詳しく申し立てたことなどにより、2級認定が得られたと思われます。

お客様の声

説明は十分だったと思います。

障害年金は自分で申請するのが難しい制度だと思います。

パーキンソン病のように、薬が一時的に効く場合、薬の助けを日常生活の申告に反映させるのがよいのか、あるいはしない方がよいのか、全くわかりません。

今回は所望の結果を短期間で得ることが出来て、大変うれしく思っています。

脳梗塞で1級の障害基礎年金が認定された事例

概要

脳梗塞の後遺症として肢体の片麻痺と高次脳機能障害があり、ご家族から依頼をいただきました。

うつ病の既往があり、うつ病の症状のみ差し引いての診断書作成は不可能であることなどから、やや複雑な手続きとなりましたが、最終的には併合で1級の障害基礎年金が受給できることになりました。

お客様の声

よつばさんに依頼をして、本当によかったと思います。

請求手続の複雑さを知り、とても自力では無理だったろうなと感じています。

手続きを進めていく中で、色々と問題が発生した時も、丁寧に迅速に対応して下さり、助かりました。最初から最後まで、本当にありがとうございました。

脳梗塞で2級の障害厚生年金が認定された事例

概要

脳梗塞による肢体の障害で、ご本人よりご依頼をいただきました。

一般雇用でお仕事をされていらっしゃいましたが、2級の障害厚生年金が認定されました。

お客様の声

ご説明等について・改善してほしい点など

何度も丁寧に説明していただきましたので、特に改善してほしい点はありません。

請求手続き・サポート内容等を通じて

働き盛りに突然右半身の機能を失い、不安で先が見えず、精神的にかなりまいり、またこの年で年金をもらう後ろめたさもあるなか、私が加賀様に失礼な対応をしたにもかかわらず、丁寧につきあっていただいたことに感謝しています。

特に体が不自由な障害者の場合、病院や役所に出向き、書類を書き、申請することは簡単ではありません。それらを加賀様にすべてしていただき、本当に助かりました。

障害者になるまで、障害年金のことなど全く知りませんでした。制度もわかりづらく、個人で申請せず、専門家である加賀様に申請の依頼をしてよかったと思っています。

脳出血で1級の障害基礎年金が認定された事例

概要

脳出血による肢体の障害で、ご家族よりご依頼をいただき、5年ほど前の障害認定日に遡り、1級の障害基礎年金が認定されました。

お客様の声

親身に説明していただき、とても満足しています。

制度の複雑さには、困惑するばかりです。

詳しく知らないまま手続きをすれば、受給できない可能性があり、自分達で行おうとするのは、非常に難しいことだと思いました。

身寄りのない単身の方などは、自力で手続きをするのは、大変だと思います。

関連ページ

障害年金の受給事例・お客様の声(知的障害・発達障害)

障害年金の受給事例・お客様の声(精神障害)

障害年金の受給事例・お客様の声(内部障害)

keyboard_arrow_up

0428600134 問い合わせバナー 無料相談について