障害年金の受給事例・お客様の声(知的障害・発達障害)

発達障害で2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

広汎性発達障害で、ご家族より手続きをご依頼いただきました。

一般雇用でお仕事をされてことが認定に影響する可能性が大きいと思われたため、仕事の内容がごく軽易なものであり、周囲との会話の必要もないこと、職場での援助の詳細やご本人の様子、仕事を続けるためにご家族がどのようなサポートをされているかなどを病歴・就労状況等申立書で詳細に申し立てたほか、診断書にも、職場での様子などをできる限り記載いただきました。

認定までに通常より時間がかかったことから、複数医師による確認が行われたと思われますが、結果、20歳時点で2級が認められました。

お客様の声

知的障害を伴わない発達障害なので難しいかもしれないと思い、お願いしました。

結果が出るまでに時間がかかりましたが、その間、おちついて待つことができました。ありがとうございました。

市役所では申立書の書き方までは教えてもらえないので、お願いして良かったです。

発達障害で2級の障害厚生年金が認定された事例

概要

自閉症スペクトラム障害と注意欠如多動性障害で、ご本人より手続きをご依頼いただきました。

障害特性により、学生時代から非常に苦労してこられた方ですが、発達障害が判明したのは社会人になられてからのことです。

診断書の依頼にあたり、当初、先生のご理解が得られないなどの経緯もありましたが、結果、2級の障害厚生年金が認定されました。

お客様の声

大変わかりやすい説明でした。

不安なときに何度もお電話をしてしまったのですが、その都度、大変丁寧に説明して下さったので、安心してお任せすることができました。

とても親身に対応して下さり、話しやすい社労士さんですので、思わず障害年金以外のことも相談してしまいました。大満足です。

知的障害・発達障害で2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

軽度の知的障害と自閉症スペクトラム障害で、ご家族より手続きをご依頼いただきました。

一般企業にて、障害者雇用でお仕事をされていましたので、職場での援助の状況やご本人の様子など、病歴・就労状況等申立書で詳しく申し立てるとともに、診断書にもできる限り記載していただき、20歳時点で2級と認定されました。

お客様の声

よく調べておらず、何度も丁寧に教えていただきました。思っていた以上にこちらの負担が少なく、本当に助かりました。

ストレスが全くなく、知らない方には教えてあげたいと思います。満足しております。ありがとうございました。

発達障害で2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

自閉症スペクトラム障害と注意欠如多動性障害で、主治医の先生のご紹介により、手続きをご依頼いただきました。

特例子会社にて、障害者雇用枠でお仕事をされていましたので、お仕事の状況(職場での援助やご本人の様子など)、日常生活の状況などを病歴・就労状況等申立書で詳細に申立てました。

また、診断書は非常に丁寧に記載して下さいました。結果、20歳時点に数年さかのぼり、2級と認定されました。

お客様の声

制度、サポート内容の説明は十分に、また丁寧にくり返していただきました。

ただ、年金制度そのものの複雑さや言葉の難しさ、自分自身も年金には不慣れで、まだ非日常的な部分であるので、仕組みを理解してイメージすることが難しく感じました。

請求手続き・サポート内容等を通じて

自分自身で請求することが無理だと感じました。

費用はかかっても年金に精通して慣れている人のサポートがないと、障害年金の初回申請はできないと感じました。

加賀様はいつも丁寧にご対応下さり、的確に受給までの道筋を進めて下さいました。そのおかげで受給できることになり、ホッとしました。

知的障害・発達障害で2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

軽度の知的障害と自閉スペクトラム症で、ご家族より手続きをご依頼いただきました。

一般企業にて、障害者雇用で就労されていましたので、仕事の場面での援助の状況、ご本人の障害の状態などを病歴・就労状況等申立書で詳細に申立て、診断書にもできる限り記載いただきました。

結果、20歳時点で2級と認定されました。

お客様の声

説明がとてもわかりやすかったです。

また、書類作成時には、こちらがお伝えした内容を素早く理解して下さり、とても心強かったです。

心に重くのしかかっていた障害年金の請求手続きが、加賀さんにお願いしたことにより、あっという間に解決できました。本当にありがとうございました。

発達障害で2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

自閉スペクトラム症と注意欠如多動症で、ご家族より手続きをご依頼いただきました。

20歳の時点で一般の専門学校に通学されていたため、教職員の配慮や家族のサポートを得て学校生活が成り立っていることや、障害による日常生活への影響などを病歴・就労状況等申立書で詳細に申立てました。

結果、2級の障害基礎年金が認定されました。

お客様の声

初めてのことで、わからないことばかりでしたので、詳しく教えていただき、大変助かりました。

大変な作業で難しい内容だと感じ、サポートいただかないとできなかったと思いました。先生に助けていただき、本当によかったと思います。

発達障害で2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

注意欠如多動性障害で、主治医の先生のご紹介により、ご本人とご家族よりご依頼いただきました。

大学入学後に発達障害が判明された方です。障がい学生支援を受けながらの大学生活でしたので、支援の状況が伝わるよう留意し、病歴・就労状況等申立書を作成しました。

とても丁寧な診断書を作成いただくこともでき、2級の障害基礎年金が認定されました。

お客様の声

先生より紹介して頂いたところでしたので、最初から安心してお願いできました。

特にわからなかったところも丁寧にご説明して頂いたので、良かったです。

個人で申請することも可能だと思いますが、内容が難しく、こういった手続きはプロにお任せして正解でした。本当にお世話になりました。

知的障害・発達障害で再請求により2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

軽度知的障害と自閉症を併発しており、障害者雇用で勤務されています。

20歳になられてすぐ、ご家族が障害年金を請求しましたが、一般企業で仕事をしていることなどを理由に不支給とされてしまいました。

数年経ち、主治医の先生のご紹介により、事後重症で再度請求したいとのご相談をいただきましたが、等級判定ガイドラインがスタートした時期でもあり、20歳時点に遡っての再請求が可能と思われました。

結果、20歳時点で2級認定を得ることができました。

お客様の声

説明は簡潔でわかりやすく、細かい質問にも丁寧に回答いただきました。

特に、等級判定ガイドラインについて、現状を知ることができ、とても助かりました。

請求手続き・サポート内容等を通じて

申立書の記載について、保護者では客観的な視点で過不足なく表現することは難しいので、専門家のサポートが重要であると感じました。

また、当初は想定していなかった「遡及請求」のアドバイスにも、とても感謝しております。

発達障害で2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

注意欠如多動性障害・アスペルガー障害の診断で、手続きをご依頼いただきました。

受診を拒否されていた時期が長く、障害認定日前後は受診していなかった期間にあたるため、事後重症請求となりましたが、2級の障害基礎年金が認定されました。

お客様の声

自分で手続きするのは難しいと痛感した。加賀さんのプロの見立てがあって、とても安心だった。

連絡等も速やかで内容も良く説明して下さり、とても良かった。とても満足している。

また、同じ母親という部分もあって話しやすかった。コミュニケーションが苦手な息子の話もよく聞いて下さったのでありがたかった。

知的障害で再審査請求により2級の障害基礎年金が認定された事例

概要

ご家族が20歳に遡っての裁定請求をしたところ、事後重症では2級が認められたものの、20歳時点では不支給となり、審査請求からご依頼いただきました。

20歳当時は専門学校に通学されていたことが不支給の理由とわかりましたので、専門学校にもお話を伺いに行き、学校での援助の状況やご本人の様子などを中心に申し立てました。

結果、再審査請求の段階で、主張が全面的に認められ、20歳に遡って2級の障害基礎年金が受給できることになりました。

お客様の声

いつも丁寧な対応をして頂き、本当に感謝しています。

遠方のため、契約時しか直接お目にかかることができませんでしたが、折に触れメールや電話で丁寧な説明をして頂きましたので、安心してお任せすることができました。

請求手続き・サポート内容等を通じて

障害基礎年金の申請手続や、審査請求、再審査請求の手続、内容は個人で行うには複雑でかなりの労力を要すると思います。

加賀先生にお願いしたことで、これらの手続を確実かつ迅速にご対応いただき、お陰様で満足のいく結果を得ることができました。

今回、再審査請求において、請求人側の主張が認められたことは、加賀先生のお蔭と心より感謝しております。

本当に有難うございました。

関連ページ

障害年金の受給事例・お客様の声(精神障害)

障害年金の受給事例・お客様の声(肢体障害)

障害年金の受給事例・お客様の声(内部障害)

keyboard_arrow_up

0428600134 問い合わせバナー 無料相談について