障害年金が受け取れる病気や怪我(主な傷病名)

障害年金の対象となる病気や怪我を一部例示します。

障害年金は、ほぼ全ての傷病が対象になります。
次に書かれていない傷病についても、障害の状態により対象になりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

眼の障害

白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、視神経萎縮、角膜混濁、癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮症、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、網膜剥離、眼瞼痙攣、外傷 など

聴覚・平衡機能の障害

感音性難聴、突発性難聴、混合性難聴、耳硬化症、聴神経腫瘍、髄膜炎、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害 など

耳鼻機能の障害

外傷による欠損 など

平衡機能の障害

メニエール病、脊髄小脳変性症、脳幹または小脳の脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)、脳腫瘍、多発性硬化症 など

そしゃく・嚥下機能の障害

腫瘍や外傷の切除等による顎(顎関節を含む)・口腔・咽頭・喉頭の欠損等、重症筋無力症、筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など

言語機能の障害

咽頭がん、喉頭がん、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)、脳腫瘍、頭部外傷、聴覚障害 など

肢体・神経系統の障害

上肢又は下肢の離断又は切断障害、外傷性運動障害、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脊髄腫瘍、頭部外傷後遺症、脊髄小脳変性症、脊髄損傷、パーキンソン病、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、重症筋無力症、筋ジストロフィー、脊髄性小児麻痺、脳性麻痺、脊柱の脱臼骨折、強直性脊椎炎、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、関節リウマチ、変形性股関節症、変形性膝関節症、脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)、線維筋痛症 など

精神の障害

うつ病、躁うつ病(双極性障害)、統合失調症、てんかん、知的障害、発達障害(自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、限局性学習障害(SLD)など)、認知症、器質性精神障害、頭部外傷後遺症、高次脳機能障害 など

呼吸器疾患による障害

肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、肺がん など

心疾患による障害

大動脈弁膜症(大動脈狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症)、僧帽弁膜症(僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症)、慢性虚血性心疾患、冠状動脈硬化症、狭心症、ブルガダ症候群、心筋梗塞、解離性大動脈瘤 など

腎疾患による障害

慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、IgA腎症、糖尿病性腎症、腎硬化症、多発性嚢胞腎 など

肝疾患による障害

肝炎、肝硬変、肝がん など

血液・造血器疾患による障害

再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病、凝固因子欠乏症(血友病など)、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群(MDS) など

代謝疾患による障害

糖尿病、糖尿病を原因とする合併症 など

悪性新生物による障害

全ての悪性腫瘍

高血圧による障害

悪性高血圧(高血圧緊急症) など

その他の障害

クローン病、ヒト免疫不全ウイルス感染症、直腸腫瘍、膀胱腫瘍、膠原病、化学物質過敏症、線維筋痛症、慢性疲労症候群、脳脊髄液減少症 など

keyboard_arrow_up

0428600134 問い合わせバナー 無料相談について